読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

使用期限は要チェック!紫外線対策に失敗してしまう人の間違った日焼け止めの使い方

美容・カラダ 美容・カラダ-ガールズ エンタメ・ガジェット エンタメ・ガジェット-あるある

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

日焼けしてしまう人の間違った紫外線対策

紫外線はシミやシワ、たるみなどの肌老化の原因になるので、キレイな肌をキープしたい人にとっては大敵です。

最近では、ちょっと外に出るだけでも、日焼け止めを塗るというのは常識になりつつあります。しかし、日焼け止めはただ塗ればいいというわけではありません。

そこで、多くの人が勘違いをしている間違った紫外線対策の方法をご紹介します。

日焼け止めは、ただ塗るだけでは十分な効果が得られませんので、正しい使用方法をおさらいしておきましょう。

間違った日焼け止めの使い方

1.日焼け止めを塗るタイミングが遅い

日焼け止めを塗るタイミングが遅い
出典:girlydrop.com

外出の直前に日焼け止めを塗るのは、実はタイミングが遅いです。日焼け止めは、肌に馴染んでいないと十分に効果が発揮されません。

外出の30分前には日焼け止めを塗るようにしましょう。

2.紫外線吸収剤入りの日焼け止めを使っている

日焼け止めには二種類あります。紫外線吸収剤が入ったものと紫外線散乱剤が入ったものです。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収することで肌に届くのを防ぐのですが、そのときに有害な成分に変わり、肌トラブルの原因になる恐れがあります。

それに対して、紫外線散乱剤は、紫外線を反射・散乱させて肌に届くのを防ぎます。紫外線吸収剤より肌に優しいので、日焼け止めを選ぶときは、紫外線散乱剤が入ったものをおすすめします。

3.日焼け止めが古い

日焼け止めが古いので紫外線対策に失敗する
出典:pinterest.com

日焼け止めの使用期限は商品によって異なります。

開封済みのものは時間の経過とともに品質が変化するため、肌トラブルを起こす原因になる恐れもあります。1シーズンを目安に使い切るか捨てるようにしましょう。

4.SPF・PAが高いものを毎日使い続ける

SPFやPAの値が高い方が、紫外線カット効果が期待できるのは確かですが、その分だけ肌への刺激となる化学成分が多く含まれていることがあります。

天気が良い日の屋外レジャーや、海やプールで遊ぶときはSPFやPAが高いものを使って、普段の通勤や買い物程度であればSPF20、PA++で十分です。

5.日焼け止めを塗り直さない

日焼け止めを塗り直さない人は紫外線対策に失敗する
出典:pixabay.com

日焼け止めは塗り直しをしないと、紫外線から肌を十分に守ることができません。日焼け止めは時間の経過とともに効果が減少し、汗で落ちてくることもあります。

2〜3時間に一回は塗り直しをしたいところです。

6.規定量を守らない

日焼け止めには規定量があります。できるだけ薄く塗りたいからといって、少量しか使わない方もいますが、これでは十分な効果は期待できなくなってしまいます。

商品の規定量を確認して正しく使ってください。

以上、使用期限は要チェック!紫外線対策に失敗してしまう人の間違った日焼け止めの使い方…でした。