読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

ハチミツを入れる!?ごはんを炊くときに入れるだけでふっくら美味しくなる8つの隠し味

グルメ・レシピ グルメ・レシピ-アイデアレシピ 雑学・生活の知恵 雑学・生活の知恵-料理

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

ご飯を美味しく炊き上げる方法

炊きたてのご飯は美味しいものです。「ごはんに○○を入れて炊くと、美味しくなる!」という話を、聞いたことはありませんか?炊飯器でご飯を炊く時に、ちょっと隠し味を加えるだけで、安いお米でも古いお米でも、簡単にいつもよりも美味しく炊き上がるのです。

そこで、お米をもちもちに美味しく炊ける炊飯アレンジをご紹介します。ぜひいろいろ試してみて、自分好みの味を見つけてください。

ごはんを炊くときに入れると美味しくなるモノ

1.はちみつ

はちみつを入れてご飯を炊くと美味しくなる
出典:pinterest.com

米2合に対して、ハチミツを小さじ1杯の割合で入れると、甘みが出て美味しく炊きあがります。

はちみつに含まれる酵素が、米のデンプンを分解してブトウ糖に変えるため、お米を噛んだときの甘さが引き出されます。さらに、はちみつの糖分がお米の保水性を良くしてくれるため、ご飯がふっくらと炊けるようになるのです。

2.昆布

数センチのだし昆布に、はさみで切り込みを数箇所入れてから炊きます。昆布の旨味成分がご飯の中に染み出して味わい深くなり、香りも良くなります。

また、昆布茶で代用することも可能です。その場合はひとつまみ程度を入れ、軽く混ぜてから炊きます。

3.氷

氷を入れてご飯を炊くと美味しくなる
出典:flickr.com

普段通りに米を研いだら、少なめの水量にして氷を2つ投入します。

氷で水温を低くすることで米の吸水速度が遅くなり、粘り気が出て美味しくなります。また、お米は冷やすことでアミノ酸が増えて旨みが出るそうです。

4.みりん

お米3合に対して、大さじ1の割合でみりんを入れます。

古米でも照りが良くなって美味しくなるうえに、栄養価もアップします。

5.天然塩

天然塩を入れてごはんを炊くと美味しくなる
出典:pinterest.com

米2合に対してひとつまみの塩を入れて炊きます。

食塩でなく天然塩を入れてください。スイカに塩をかけると美味しくなるように、塩分を入れることでご飯の甘味が出てきます。また、天然塩のミネラル効果も期待できます。

6.備長炭

米1合あたり10gの備長炭を、煮沸洗浄してから入れて炊きます。

遠赤外線効果でごはんがふっくら炊けます。また、ミネラル成分が少しずつ染みだして栄養価と粘り気がアップします。

7.大根おろし

大根おろしを入れてご飯を炊くと美味しくなる
出典:pinterest.com

お米1合に対して、 大根おろしを絞って汁だけを大さじ2杯入れて炊きます。

大根の持つデンプン分解酵素の働きでしっとりとしたご飯に炊きあがります。また、大根による消化促進・血液サラサラ効果もあります。

8.オリーブオイル

米2合に対して、オリーブオイルを小さじ1杯入れて炊きます。

ほんの少しの量で、艶と粘りが出てふっくらと美味しい炊きあがりになります。オリーブオイルが苦手な方は、サラダ油でも代用可能です。

以上、ハチミツを入れる!?ごはんを炊くときに入れるだけでふっくら美味しくなる8つの隠し味…でした。