読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

昼寝で頭が良くなる!?仮眠の驚くべき効能と効率的な「昼寝」の3つのコツ

ライフスタイル ライフスタイル-生活の知恵 美容・カラダ 美容・カラダ-カラダ

お昼寝の効果と効率的な仮眠のコツとは?

仮眠や昼寝の効果については昔から研究されており、思考が鋭くなったり記憶機能が増したり注意力が増したりと、脳のパフォーマンスを高める効果があることが分かっています。

そこで、仮眠の驚くべき影響と効率の良い昼寝のコツを紹介します。

人は昼寝をするように出来ている

人間は昼寝をするようにできている
出典:pixabay.com

昼食を食べ終わった後、どうにも眠くなることはありませんか?これは、もともと人間に組み込まれている生活サイクルの一つで、本来1時から2時ごろにかけては眠るように本能づけられています。

お昼に眠くなるのは正常な人の体のリズムで、体内時計通りです。すなわち、昼寝がしたいと感じるのは体内リズムの自然な現象です。

なぜ、昼食後に眠くなる?

私たちの体は、食べ物を摂取した後で消化活動を始めます。この活動は無意識のうちに行われるのですが、活動のときに「眠ろう」サインを出します。

これは消化活動とセットのサインなので、昼に睡眠欲を感じても夜に十分な睡眠時間を確保出来ているのであれば、「お昼に眠くなるなんて寝不足なのだろうか」と心配する必要はありません。

仮眠の驚くべき効果

記憶力の向上

仮眠をとると記憶力が向上する
出典:pakutaso.com

昼寝をすると記憶力が上がることが、実験から判明しています。

研究者によれば、記憶はいったん脳の海馬に保管されますが、昼寝は海馬に記録されたデータを、書き換えられにくい大脳新皮質という場所に移動させる効果があるそうです。

学習能力の上昇

脳は寝ている間も活動を続けていて、日々の情報を整理されて学習能力を高めるとされています。

夜の睡眠だけではなく昼寝の時間も情報整理にあてることで、必要な情報をよりスムーズに頭から引き出せるようになります。覚える情報が多い時や受験生などは、昼寝をすると効果的です。

心臓病リスクの低下

昼寝には心臓病リスクを低下させる効果がある
出典:pixabay.com

日本人の死因で多いとされてるのが、癌、心臓病、脳卒中の3つです。

昼寝をすることで心臓病のリスクが低下するという検証結果が、アテネ医科大学やハーバード大学医学部において報告されています。

効率的な昼寝のコツ

昼寝は15分

昼寝は、15~20分の間でとることで、その効果を上げることができます。

30分以上の昼寝をしてしまうと、脳が熟睡するモードに切り替わってしまって、起床後も慢性的に眠気が続いてしまう結果となります。

昼寝前にカフェインを摂る

効率の良い昼寝のために寝る前にカフェインを摂る
出典:pixabay.com

コーヒーやお茶など、カフェインを含んだドリンクを昼寝の直前に飲むとよいでしょう。

カフェインの覚醒効果は30分後くらいに表れるため、ちょうど昼寝から目覚めるべきタイミングで覚醒しやすくなり、すっきりと起きることができます。

太陽の光を浴びる

昼寝から目覚めたら、まず太陽の光を浴びましょう。

日の光を浴びるとメラトニンという物質を抑制し、昼と夜の区別をつけます。「光療法」といって、特に昼夜逆転生活の人や時差ぼけの人など、睡眠障害の人に効果があります。

以上、昼寝で頭が良くなる!?仮眠の驚くべき効能と効率的な「昼寝」の3つのコツ…でした。