読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

知らない間に太りやすくなる!?基礎代謝が低下してしまう7つの生活習慣

雑学・生活の知恵 雑学・生活の知恵-カラダ 美容・カラダ 美容・カラダ-ダイエット

知らない間に太りやすくなる生活習慣

同じ量を食べていても、脂肪がつきやすい人とつきにくい人がいます。

それは、毎日のちょっとした生活習慣の違いによって、基礎代謝が変化して、太りやすさも違ってくるのです。

そこで、基礎代謝が下がって知らない間に太ってしまい、ダイエットにも失敗してしまうNG生活習慣をご紹介します。

知らない間に太ってしまう生活習慣

朝食を食べない

朝食を食べないと基礎代謝が下がって太りやすくなる
出典:pakutaso.com

朝食を食べないと、空腹の時間が長くなります。

体は、空腹の時間が長くなると飢餓状態だと感じてしまい、昼食で摂った脂肪を必要以上にため込もうとするのです。

また、朝食に炭水化物を食べると、寝ている間の成長ホルモンの分泌増加にもつながり、脂肪の代謝も行われるので効果的です。

睡眠不足

自分の時間が夜中しかなくて日付が変わっても起きている、という日々を続けている方も多いと思います。

人間の体は寝ている間もエネルギーを燃焼しています。睡眠時間が足りないと、エネルギーを燃焼できないばかりか、翌日も疲れてしまって動きたくなくなります。

せめて、1日6時間以上は睡眠をとるように心がけましょう。

鉄分が足りていない

鉄分が足りていないと基礎代謝が下がって太りやすくなる
出典:pixabay.com

人間の体に鉄分は必要不可欠です。これが足りなくなると、筋肉に酸素が運ばれにくくなって、エネルギーも基礎代謝も落ちてしまいます。

鉄分を補充したシリアルと牛乳を一緒に摂ったり、卵や鶏肉、ほうれん草など、鉄分の含有量が多い食品を食生活に取り入れてみましょう。

脚を組んで座る、横向きで寝る

足を組んで座るクセがある人や、横向きで寝ることが多い人は、骨盤がゆがみやすくなります。

骨盤がゆがむと血行やリンパの流れが悪くなり、冷えを招いてしまいます。体は冷えることで基礎代謝が下がるので、脂肪が燃焼しにくくなってしまうのです。

座るときは姿勢よくする、寝るときは仰向けを意識するとよいでしょう。

少量しか食べない

少量しか食べないと基礎代謝が下がって太りやすくなる
出典:pixabay.com

小食になると、身体は飢餓状態になり、少ないエネルギーで生き残れるようになります。

するとカロリーを燃焼する代わりにエネルギーを蓄えて、代謝をどんどん下げてしまいます。

自分の生活に必要なだけの栄養分やカロリーはしっかり摂って、運動やエクササイズでカロリーを燃焼しましょう。

昼夜逆転生活をしている

体内時計は代謝を正常にする細胞をコントロールしています。

しかし、リズムが崩れる事で細胞は動かなくなり、代謝を上げなくなってしまうことがわかっています。できれば、生活のリズムは正しくしましょう。

水分が不足している

水分が不足すると基礎代謝が下がって太りやすくなる
出典:pakutaso.com

ふと気づくと1日中まったく水分をとっていなかった、ということがあると思います。

カラダは水分が足りないと、エネルギーを燃焼しにくくなります。

机には常に水を用意して、定期的に水を飲むように心がけましょう。喉が渇いたと感じてからでは遅いといわれています。

以上、知らない間に太りやすくなる!?基礎代謝が低下してしまう7つの生活習慣…でした。