読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

おかきは自宅で作れる!余ったお餅は「おかき」や「あられ」にして美味しく食べよう!

グルメ・レシピ グルメ・レシピ-アイデアレシピ 雑学・生活の知恵 雑学・生活の知恵-食べ物

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

余ったお餅をおかきにして食べる簡単な方法

自分で、または家庭でこれぐらいは食べるだろうと、ついつい多く買ってしまいがちなのが正月用の切り餅です。そんな切り餅ですが、余っていませんか?食べないとそのまま放置してしまって、忘れてしまうことも多くあります。

実は、コンビニになどでも売られているおかきやあられですが、実は自分でも簡単に作れるおやつなのです。おかきやあられにすることで、お餅も腐らずに使い切ることができて一石二鳥になります。

そこで、余ったお餅を油で揚げるだけの簡単なおかきの作り方や、楽しみ方をご紹介します。

おかきとは?

あまったお餅はおかきにして食べよう!
出典:pakutaso.com

お米からつくった「おかき」や「あられ」「お煎餅」は米菓として、古から親しまれてきました。その大きな違いは原材料です。

「おかき」と「あられ」はお正月などに食べるおもちと同じ「もち米」から、「お煎餅」は普段食べている「うるち米」から作ったものです。それでは「おかき」と「あられ」の違いは何でしょうか。

お煎餅業界の中では、一般的に大きさの違いとされています。大きいものが「おかき」で小さいものが「あられ」と呼ばれているのです。

おかきの作り方

余ったお餅を油で揚げるだけでおかきは簡単にできる
出典:pinterest.com

まず、切り餅1つを約10~12等分程度の大きさに切ります。揚げると倍ぐらいの大きさになります。

次に180度に熱した油に、鍋の容量に対して余裕を持って切り餅を入れます。一度にたくさん入れすぎると、膨らんでくっつきやすくなります。

中火で約3~4分程度、箸などで全体を泳がせるようにしながら揚げます。1.5~2倍程度に膨らんで、こんがり焼き色が付いたらOKです。

お好みで、岩塩を振ると出来上がりです。しばらく冷まして粗熱が取れると、サクサクした「おかき」になります。

おかきをつくるときのポイント

余ったお餅をおかきにするときは天日干しをする
出典:instagram.com

美味しいおかきをつくるには、まずはお餅をしっかり乾燥させる必要があります。お餅を一口大に切ってから、通気性の良いかごなどに入れて、天日干しをしておきましょう。

おもちを切るときのコツは、ランダム切ることです。こうすることで断面が膨らみやすくなります。

また揚げるコツは、箸で転がすことです。まんべんなく良い色になります。

オーブンでもおかきができる

油を使うことが苦手な人は、オーブンでもおかきを作ることができます。

天板に薄く油を引いて、その上に乾燥させたお餅を置き、180度くらいできつね色になるまでこんがり焼きあげます。オーブンであれば20分くらいでさっくりとしたおかきができます。

オーブンで作る場合は油も少なくヘルシーに作れるので、お正月の食べ過ぎが気になる人にもおすすめです。また歯ごたえも、油で揚げるよりも固めなので食べ応え十分です。

味付けもいろいろ楽しめる

余ったお餅でおかきをつくると味付けをいろいろ楽しめる
出典:instagram.com

普段コンビニなどに売っているおかきやあられは、塩味が多いですが、自分でおかきを作ればいろいろとアレンジができます。

定番は市販のカレー粉などで味を付けることです。また、塩味にプラスしてバジルなどをまぶすと、ビールのおつまみにも最適です。

味を付けるときは、熱いうちにフレーバーを振りかけると、より味がなじみやすくなります。

以上、おかきは自宅で作れる!余ったお餅は「おかき」や「あられ」にして美味しく食べよう!…でした。