読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

後悔先に立たず。イライラしていても冷静なメールを送るために心がけたいポイント

ライフスタイル ライフスタイル-ビジネススキル 雑学・生活の知恵 雑学・生活の知恵-サイエンス

イライラせずに冷静なメールを送るコツ

恋人や友人・知人、または仕事関係の人などへ、怒りに任せてしまい、感情的なメールを送って後悔したことはありませんか?そんなときは決まってトラブルとなってしまうものです。

怒りや不安といったネガティブな気持ちが引き金になって、感情を爆発させてしまう可能性は誰にもあります。そんなときこそ、一歩立ち止まって冷静さを取り戻すことが大切です。

ムカッとしたり、悲しくなったりといった感情の反応は予防できません。その一方で、どう対処するかについては、あなた自身でコントロールできる領域でもあるのです。

それでは、どのようにして冷静なメールを送ればよいのでしょうか。

イライラしていても冷静なメールを送るコツ

1.一文作るたびに見直す

メールは一文ごとに見直す
出典:girlydrop.com

冷静になるためにも、一文作ったら見直すくらいの気持ちでいることをおすすめします。

考えを押し付ける文章になっていないか、自分のエゴのようなものはないか、さらに逆に怒られる立場になった時を考えてみるのもいいそうです。

怒っている時は視野が狭くなりがちなので、違う視点からモノを考えてみましょう。

2.感情で反応しない

嫌みや辛辣な言葉に対して、ネガティブな反応をすべきではありません。反論したいという気持ちを抑えてお礼の一言を述べ、相手を驚かせてみると何も言えなくなるかもしれません。

要は感情主導の意見交換をスタートさせてはいけないのです。

3.文章ができてもすぐに送らない

文章ができてもすぐに送らない
出典:pakutaso.com

文章ができてもすぐには送らず、時間を置いてみましょう。

怒っていると、頭に血が上ったまますぐに返信をして、どんどん泥沼にはまってしまうこともあります。

そこまで言うつもりはなかったのに、売り言葉に買い言葉で言い過ぎてしまい、最悪の結末に、というのは避けたいところです。

4.冷静な友人に聞く

返信メールを出す前に、冷静な友人の助けを借りてみるのも良いかもしれません。

返答に困ったり、どうしても熱くなってしまったりする場合は、まずメールの下書きを友人に送って意見を聞きます。

そのまま返信してよいのか、それとも直すべきなのかアドバイスをもらいましょう。第三者の意見を聞くことで、状況をクリアに見ることができます。

5.送信ボタンを押す前にもう一度見直す

メールの送信ボタンを押す前にもう一度見直す
出典:girlydrop.com

作成した文章を10分や1時間、1日など時間の許す限り寝かせたあとに、最後の見直しをしましょう。

送信ボタンを押す前に、冷静になった頭で再度見直し、問題ないと思えたら送るようにするのです。

ある程度時間も経つと怒りも和らいでいるはずです。その状態で再度メールを見直してみましょう。

しっかりセルフコントロールをしよう!

以上、イライラしていても冷静なメールを送るために心がけたいポイント…でした。

怒りは避けられない感情ですが、長く持ち続けていると弱ってきます。だからこそ、しっかりとセルフコントロールして、怒りにまかせたメールを送って後悔することのないようにしてください。

以上、後悔先に立たず。イライラしていても冷静なメールを送るために心がけたいポイント…でした。