読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

落ち込んだときしてみよう!脳から幸せになる4つの簡単な生活習慣

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

セロトニンを分泌して脳から幸せになる方法

落ち込んでしまって元気が出なかったり、物事が上手くいかなくてイライラしてしまったりしていませんか?ちょっとした日常の生活習慣の乱れから、気づかないうちに脳が不幸を感じやすくなっているのかもしれません。

幸せな気分の出どころは、脳内に快楽物質のセロトニンがうまく分泌されているかどうかで変わります。セロトニンは、精神の安定や安らぎをもたらしてくれる物質で、ストレス解消にも役立ちます。これが不足してしまうとイライラしやすくなったり、気持ちがモヤモヤしたりするなどの症状が出てきます。

幸せを感じるためにはセロトニンが安定している事が必須です。そんなセロトニンは簡単な方法で増やす事ができるのです。

脳から幸せになれる生活習慣

これからご紹介する方法でセロトニンを増やすには継続して行うことが大切です。しかし、最初から長く続けようとすると、億劫になってしまうので、自分のペースで、出来ることからゆっくり始めてみてはいかがでしょうか。

1.早寝早起きする

早寝早起きでセロトニンを分泌して幸せになる
出典:pixabay.com

セロトニンは太陽の出ている昼間に分泌されやすくなり、睡眠中や日が沈んでからは分泌が少なくなります。人間が本来持っている生活リズムは「昼間に活動し夜は寝る」というものです。この原則を守ることがセロトニン神経の活性化に効果的だといわれています。

早寝早起きを心がけて、寝る時間や起きる時間を規則正しくすると効果的です。

2.バナナを食べる

セロトニンの活性化ために、セロトニンの原料になるトリプトファン、セロトニンを活性化する炭水化物、体内でセロトニンを合成するために必要なビタミンB6が含まれている、食材を意識的に選びましょう。

バナナはトリフトファン、炭水化物、ビタミンB6が豊富で、セロトニンを作る3つ成分がすべてを効率よく摂ることができます。

3.よく噛んで食べる

よく噛んでセロトニンを分泌して幸せになる
出典:pakutaso.com

食事の際によく噛んで食べることを心がけると、セロトニンの活性化に役立ちます。ものをよく噛むことは、栄養の効果的な摂取や消化を助けることにもつながります。

よく噛んで食べることは、セロトニンの活性化以外にも様々なメリットがあり、どなたでも簡単に試せる方法です。

4.首のストレッチをする

セロトニンは脳の「ほうせん核」という所で作られています。そこを刺激するのに効果的なのが首のストレッチです。首のストレッチをすると大量の電気信号が発生し、セロトニンの分泌を促してくれるのです。

以上、落ち込んだときしてみよう!脳から幸せになる4つの簡単な生活習慣…でした。