読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

ドライヤーだけで素早く寝ぐせを直す方法と、寝癖になりにくい乾かし方

美容・カラダ 美容・カラダ-ヘアケア 雑学・生活の知恵 雑学・生活の知恵-アイデア

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

ドライヤーで簡単に寝癖を治す方法と寝癖を作らないコツ

朝起きて、鏡を見てと寝ぐせにびっくりし、早く直そうして焦れば焦るほど直らない、といった経験をされた方も多いと思います。

忙しい朝だけに、手っ取り早く寝癖を直したいものです。

そこで、素早く手軽に寝ぐせを直す方法と、寝ぐせがつきにくくなる髪の乾かし方を紹介します。

寝ぐせがつくワケ

ドライヤーだけで寝癖をかんたんに直す方法
出典:pixabay.com

寝癖の多くは、髪が濡れている状態の髪の毛が乾燥するときにクセがつきます。

水分が残っている状態から乾いていくときに、髪の内部の分子がだんだん結合していきます。ですので寝ている間に髪の毛が折れていたりすると、しっかりそのままの形になってしまうのです。

つまり、しっかり乾かさなかったり、寝ている間に汗をかいたりする事が寝ぐせの原因となります。

寝癖を直すには?

寝癖をドライヤーだけで簡単に直すテクニック
出典:pixabay.com

寝癖を直すためには、髪の分子の結合を再び解く必要があります。

一番てっとり早いのが、髪を濡らすことです。寝癖の形で固まってしまった結合を、髪を濡らすことで解き、再び乾かしてまっすぐな結合へと変えればよいのです。

ドライヤーだけで寝ぐせを直す方法

ドライヤーだけですぐに寝癖を直すコツ
出典:pixabay.com

寝ぐせを直すには、跳ねている部分やうねりだけをブローしていくのではなく、髪の根元から修正をすることが大切です。

毛先だけを濡らしても、根本的に寝ぐせを直すことはできません。根元にスタイリング剤などをつけて濡らしましょう。

頭を下げて、上から下に向けてドライヤーの温風を当てていきます。こうすることで、頭の丸みに沿った自然なかたちに仕上がるのです。

ひと工夫すると好みのスタイルに

毛先の跳ねが気になる方は、毛先を手でとって、内巻きにねじりながら温風をあてましょう。

ふんわりと仕上げたい人は、髪の根元に温風を当てて、浮かすように乾かしてみましょう。

温風で好みのヘアスタイルを作ったあとに、仕上げに冷風を当てて固定すると崩れにくくなります。

寝ぐせがつきにくくなる乾かし方

夜、お風呂からあがったらタオルでしっかりと髪の毛を拭きます。

ドライヤーの「温風」で頭皮をしっかり乾かして、頭皮が乾いたら髪の毛先までしっかりと乾かしていきます。

仕上げにドライヤーの「冷風」を髪の毛全体にあて髪の熱を冷ましましょう。

ドライヤーの選び方

ドライヤーだけで寝癖を直すテクニック
出典:pixabay.com

ドライヤーの種類は何でも良いのですが、なるべく風量の多いものを選びましょう。

髪が早く乾く条件は、「風量が多い」「風の熱が高い」「空気が乾燥している」です。

よくマイナスイオンが良いといわれていますが、使い易いとか壊れにくいで決めると良いかもしれません。

髪のやけどに気をつけて

髪を洗った後でドライヤーを使うときは、髪には熱が加えられており、それが原因となって髪やけどを起こしてしまうことがあります。

髪に熱を加え続けることで、髪の表面が溶けて、呼吸できなくなり、ハリやコシがなくなります。髪はタンパク質でできているので、熱が加わると変性して固くなり、ゴワゴワしたり、くせ毛のような状態になったりするのです。

髪には神経が通っていないので、熱さを感じることがありません。そのため、髪ヤケドに気が付かず、連日ドライヤーをかけ続けて症状を悪化させてしまう方が多いのです。

以上、ドライヤーだけで素早く寝ぐせを直す方法と、寝癖がつきにくくなる乾かし方…でした。