読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

効率的で質の良い睡眠のための、簡単に改善できる意外な10個のヒント

雑学・生活の知恵 雑学・生活の知恵-睡眠 美容・カラダ 美容・カラダ-健康

ダイエットにも美肌にも良い、質の良い睡眠をとるためのポイント

睡眠は時間も大切ですが、その質はとても大切です。その夜の睡眠によって朝の目覚めから1日のテンションまで決まってしまいます。

特に女性にとっては、夜10時から深夜2時には肌の細胞の再生が行われていて、美肌にはとても重要な時間帯です。

そこで、効率的で質の良い睡眠をとるために重要な、ちょっとしたポイントをご紹介します。

質の良い睡眠のためのポイント

昼食後はカフェインを摂らない

質の良い睡眠のために昼食後はカフェインを摂らない
出典:pakutaso.com

コーヒーを1日中飲み続けていると、夜までカフェインの効果が続いてしまいます。栄養ドリンクなどもカフェインを含んでいるので、不眠症の方は気をつけましょう。

コーヒーを飲むなら、昼食前の1~2カップまでにして、あとはカフェイン入りの飲み物は避けるようにしましょう。

食事は寝る2時間前までに

深夜に胃にもたれるものを食べると、消化に負担がかかって睡眠を妨げます。食事は寝る2時間前までに済ませることが理想です。これは睡眠対策だけではなく、ダイエットにも効果的です。

どうしても夜遅くしか食事ができない場合は、午後5時~6時くらいに、夕食の半分だけでも食べておくとよいでしょう。

臨時で食べることも難しい場合は、寝る30分前までにうどんなどの油っぽくなくて消化によいメニューをとるようにしましょう。

ゆったりとしたパジャマを着る

質の良い睡眠のためにゆったりとしたパジャマを着る
出典:pixabay.com

眠る時にしめつけるようなタイトなパジャマを着ていては窮屈になります。ゆったりとした肌に優しい素材のパジャマを選びましょう。

フードやファスナーがついているパジャマも避けた方がいいでしょう。下着も締めつけすぎないものをつけると理想的です。

お酒に依存しない

飲酒は、眠りはじめには役に立つかもしれませんが、最後まで深い眠りにつくことはありません。一般的には4時間でお酒の鎮静効果が切れて、目を覚ましてしまいます。

眠れない場合は、カフェインが入っていない温かい飲み物を飲みましょう。温かい飲み物を飲むと、最初は体が温まりますが、時間が経つと急速に体温が低下します。クールダウンした体は、良い睡眠を誘う効果があります。

時計を見ない

質の良い睡眠のために時計を見ない
出典:pixabay.com

眠れない時に時計を見ると、流れていく時間に焦ってしまうことがあります。またカチカチと秒針の音が気になる場合があるかもしれません。

寝る前の状態はとてもデリケートです。時間を見て焦ってしまってはリラックスできないので、ベッドに入ったあとは時計を見ないようにしましょう。

寝室を冷やす

温かいベッドルームと毛布の重ねがけは、かえって眠れなくしてしまいます。不眠症は体温が高くなることで引き起こるのです。

ベッドに入る前は、エアコンがあれば温度を調節しておきましょう。眠っている間に、脳が体を冷やすのを助けてくれます。

寝る前にホットミルクを飲む

質の良い睡眠のために寝る前にホットミルクを飲む
出典:girlydrop.com

昔から言われている方法ですが、寝る前のホットミルクの効果は、科学的に証明されています。

牛乳に含まれるトリプトファンは睡眠を促す伝達物質を生成するため、温かい牛乳を飲むと、 眠気が襲ってくるのです。

眠れないときは一旦起きる

30分以上眠れずに、ベッドの中で寝返りを打っているようであれば、起きて他のことをしてみましょう。

しばらくベッドから出ていると、脳がリラックスして眠りが襲ってきます。

入浴は寝る1時間前までに

質の良い睡眠のために入浴は寝る1時間前までにする
出典:pixabay.com

寝る1時間前までに、入浴は済ませておきましょう。寝る直前に入浴すると、交感神経が興奮して、眠れなくなります。

寝る直前にしか入浴できない場合は、交感神経が興奮するのを避けるために、ぬるめのお湯でさっと済ませましょう。

帰宅が遅くなった日は、睡眠時間をキープするために夜に入浴せず、翌朝に入浴しても良いでしょう。

休日に寝だめをしない

休日は平日の疲れがたまっているので夕方まで寝ているという人は、午前中に起きるように心がけて、遅くとも午前11時頃までには起床するようにしましょう。

睡眠時間が足りないときは、早寝して取り返すようにしましょう。すると、翌朝すっきりと目覚めることができますし、脳や体の疲れも残りにくくなります。

早めに寝ることは問題ありません。眠くなったら午後8時ぐらいから寝てもよいのです。

以上、効率的で質の良い睡眠のための、簡単に改善できる意外な10個のヒント…でした。