読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

「なるほどですね」はNG!?上司や目上の人に使ってはいけない10個の言葉とは?

ライフスタイル ライフスタイル-ビジネススキル 雑学・生活の知恵 雑学・生活の知恵-トリビア

目上の人や上司に使ってはいけない言葉

目上の人や上司に対して、せっかく気を使って言葉を発しても、それが失礼にあたる言葉だと意味がありません。よく使う言葉が、時と場合によっては失礼にあたるケースがあります。

そこで、うっかり使ってしまいがちな、目上の人に言っていけない間違った言葉遣いをご紹介します。

目上の人や上司に使ってはいけない言葉

「了解です」

上司から「これやっといて」などと命令や指示を受けたときに、なんと言って返事していますか?ありがちなのが「分かりました」や「了解です」の言葉です。

実はこれらは同僚や部下に対して使う丁寧語です。上司に対して使ってしまうと失礼に当たります。

正解は「かしこまりました」や「承知致しました」という謙譲語なので、間違えないようにしましょう。

「ご苦労様です」

上司や目上の人に使ってはいけないビジネス言葉
出典:pixabay.com

目上の人に使うには、完全にNGな言葉です。

「ご苦労さま」は、目上の者が下の者に「苦労をかけた」とねぎらう言葉なのです。

目上の人に向かって、「ご苦労さま」と声をかけてしまうと大変失礼になります。

「いってらっしゃい」

家族が出かける際に気軽に言う「いってらっしゃい」は、使う場所を間違えると恥をかいてしまいます。

オフィスで上司が出かける際に間違っても「いってらっしゃい」と言ってはいけません。非常に軽々しく聞こえてしまいます。

敬意を含ませるためには「いってらっしゃいませ」を使いましょう。そうすれば失礼になりません。

「こんにちは」

目上の方に昼間会った時、どのように声を掛けていますか?

その時「こんにちは」を単独で使ってはいけません。単独で使うと、妙になれなれしく聞こえてしまって、失礼な言葉づかいになります。

「こんにちは」の後に、「先日は、ありがとうございました」などの言葉を補うといいでしょう。久しぶりに会う方ならば、「ごぶさたしています」が適度に敬意も含まれていて好印象を与えると思います。

「言い忘れていましたが」

上司や目上の人に使ってはいけないビジネス言葉
出典:pixabay.com

「言い忘れていましたが」ではなく、「申し遅れましたが」を使うのが正解です。

「言う」の謙譲語である「申す」を使って自分をへりくだることによって敬意を表わし、マイナスイメージのある「忘れる」ではなく「遅れる」を使う「申し遅れましたが」を使いましょう。

「すみません」

「すみません」も、比較的よく使ってしまうのでないでしょうか。

時と場合によって、特にオフィシャルなケースでは、良い印象を与える言葉ではないので、注意をしてください。

「すみません」ではなく「恐れ入ります」に変えてみることで、言葉全体の印象が丁寧になり上品にもなります。

「さようなら」

よく使う別れの挨拶である「さようなら」も、場面によっては失礼な日本語にあたります。

「さようなら」は「左様ならば、失礼つかまつる」の省略形なのです。略された分、敬意に欠けるところがあります。目上の方や得意先には使わないほうが良いでしょう。

目上の方などに挨拶をするときは、適度に敬意を含んでいる「失礼します」がもっとも無難です。

「お疲れ様です」

上司や目上の人に使ってはいけないビジネス用語
出典:pixabay.com

帰るときに「お疲れ様です」というのは、言ってしまいがちな言葉です。

しかし、これは上司などの目上の方を部下が評価しているように聞こえることもあります。

上司には「お先に失礼します」などという言葉を足して使うようにした方がよいでしょう。

「わかりましたか?」

自分の意見を一通り説明した後は、ちゃんと相手が理解してくれたかどうか気になるものです。そんなときに言ってしまいがちなのが「分かりましたか?」や「お分かりですか?」という言葉です。

でもこれは目上の方に使う言葉としては適していません。正しくは「ご理解賜ったでしょうか?」です。

目上の人にとって、自分より下の者から「分かった?」という意味のことを言われるのは屈辱を感じやすいものです。丁寧な言葉遣いで、相手のプライドを刺激しないよう気をつけましょう。

「なるほどですね」

この「なるほどですね」を使っている方は、意外と多いようです。

一見、間違ってないようにも聞こえますが、本来は目上の人に対して使ってはいけない言葉です。

なるほど」というのはよくないので、「おっしゃる通りです」と言うようにしましょう。

以上、「なるほどですね」はNG!?上司や目上の人に使ってはいけない10個の言葉とは?…でした。