読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

手取りが月20万円でも年間100万円貯める!誰にでも出来る3つの方法

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

手取りが少なくてもお金を貯めるコツ

会社からもらえるお給料が増えないこの時代に、ある簡単な工夫でお金を貯められるコツがあります。

今回は手取り20万円で、1年間の目標が100万円でご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

手取り20万円で1年で100万円貯める方法

準備編

貯金の計画をする
出典:pixabay.com

まず収入の額を正確に把握しましょう。次に、100万円(目標金額)を定めた際のゴールやご褒美を設定します。そして、100万円貯めるには、1ヶ月いくら貯めなければいけないのかを計算します。

100万円貯めるには、1年間の期間であれば、1ヶ月あたり8万3千3百円を貯金する必要があります。

この目標を細切れにして、小さい指標にする事でリアリティが増していきます。

1.口座を4つ作る

口座を4つつくる
出典:pixabay.com

出費を家賃・水道光熱費・通信費/自己投資費/娯楽費/貯蓄の4つに分け、収入を分割します。

各口座に4つに分けたお金を預けます。毎月ここからお金を使っていきます。

毎月8万3千円貯蓄に回せれば、1年後には100万円が貯まっているのです。

2.タダでできることはタダで済ます

タダでできることはタダで済ます
出典:pixabay.com

無駄なものにお金を使って、お金が無くなってはいないでしょうか?例えば、無料で買えるケータイがあるのに、高いものを買ってしまったり、特に必要なものが無いのにウィンドウショッピングをして服を買ってしまったり。 

お金の支出を振り返ると、お金がない人の傾向として不要なものを買ってしまう為に毎月数万円の支出をしている事が多いようです。

自分の支出を見直して、節約をする事でお金は貯まります。

3.500円貯金術

500円玉貯金箱
出典:pixabay.com

500円貯金は結構有効な貯金術です。

500円貯金術のメリットはなんと言ってもお金が貯まって行く実感が湧くので、貯金していてとても楽しいという事です。だんだんと重みを増してくる貯金箱は「ちゃんと貯金してる!」という実感を与えてくれます。

成功した人の声を聞くと買い物の時に意図的に500円のおつりを貰えるように支払いしていて、500円玉はお財布のなかの小銭入れとは別のポケットに入れるなどの習慣を付けているそうです。

そうする事で買い物に行くたびに500円を貯金する事になるので、無駄な買い物が減り、効率的に500円貯金術を実践する事ができるのだそうです。

以上、手取りが月20万円でも年間100万円貯める!誰にでも出来る3つの方法…でした。